参列者の服装のマナー

新郎新婦

常識的な範囲内なら自由

友人や知人の結婚式に招待されるのは喜ばしいですが、その結婚式が神社挙式だったとしたら、どんな作法があるのか具体的に知らなくて戸惑ってしまう人が多いのではないでしょうか。そこでここでは神社挙式に参列する人が気をつけたいマナーやタブーについて、特に服装や小物に注目して解説します。服装に関しては、フォーマルな装いであれば和装でも洋装でも構いません。ただ常識的に考えて場にふさわしくない装いの場合は、神社側から注意を受ける可能性もあります。具体的には肌の露出が多い服装や、Tシャツや短パンなどの平易な普段着、さらにフォーマルでも派手すぎる衣服などが挙げられます。これらは普段の神社参拝でもタブーとされているので、神社参拝のマナーなどを参考にしましょう。女性の洋装の場合にはパンツスタイルよりスカートが好ましいとされますが、この時注意したいのはストッキングの履き忘れです。素肌を出さないという事もそうですが、素足で社殿などに昇殿するのはマナー違反なので気をつけましょう。男性も和装の場合に足袋の履き忘れに注意です。因みに神社仏閣では革製品の着用を控えると耳にしますが、これは殺生を忌避する仏教に由来する考え方です。神社では山の幸である獣をお供えものとする場合もよくあるので、特に気にしなくても問題ありません。ただこれは革靴や革のベルトや鞄などの話であって、革ジャンや革のスーツなどは場に適さないので着用は避けてください。また手荷物に関しては最低限のものにして、手ぶらかパーティーバッグ程度の小さな鞄だけを持つようにしましょう。神社挙式の会場は普段儀式を行っている場所なので、荷物置き場などは通常ありません。挙式の最中は手荷物は膝の上か、足元に置くことになります。さらに神社挙式では参列者も儀式の途中で立ち上がったり、柏手を打つなどの作法があります。こうした際に大きな荷物は邪魔になるので、気をつけましょう。

おすすめ記事一覧

新郎新婦

参列者の服装のマナー

神社挙式の参列者の服装は、フォーマルであれば洋装でも和装でもOKで、さらにお寺では忌避される革製品の着用も基本的には問題ありません。ただ露出度の高い服や派手すぎる服装はマナー違反です。また手荷物は儀式の最中に邪魔になるので、少なめにしましょう。

詳しく見る

新郎新婦

幹事の負担を最小限に

結婚式の二次会や同窓会を取り仕切る幹事を依頼したり、引き受けたりすることが負担だと感じる人は多いです。そんな場合は幹事代行サービスに依頼するのがおすすめです。幹事の負担を最小限にでき、当日全員が楽しめて感動できる二次会や同窓会が開催できるからです。

詳しく見る

ビデオカメラ

参列者に感謝と感動を

結婚式や二次会で新郎新婦の生い立ちを映像にしたプロフィールムービーを利用する人が多いです。人気の理由は、参列者により新郎新婦のことを知ってもらうことができることや感謝の気持ちを伝えられることです。思い出を共有することで、感動的な結婚式の演出ができます。

詳しく見る

Copyright© 2018 プロフィールムービーで感動する結婚式【非常に完成度が高い】 All Rights Reserved.