神社ならではの特徴

新郎新婦

参列者も重要な役割がある

多くの人にとって一世一代の晴れ舞台といえる結婚式ですが、その挙式スタイルは実に様々です。特に日本では自分が所属する宗教に関係なく、好みのスタイルで挙式する文化が根付いているので、選択肢は豊富です。そうした挙式スタイルの一つに神社挙式があり、日本独自の形式として広く認知されています。ジャンルとしてはいわゆる神前結婚式にあたりますが、神社挙式といった場合には舞台が神社に限定されます。一般的な神社参拝では社殿の外に置かれた賽銭箱の前でお祈りしますが、神社挙式では社殿か結婚式などの祈願用に特別に設置された建物に昇殿して、参列者一同が着座した上で執り行われます。通常の結婚式と神社挙式が大きく違うのは、その始まりから終わりまで一貫した儀式として行われる点にあり、終始厳粛な空気が流れます。儀式そのものや作法は一般的な神前結婚式と一緒ですが、ホテルや式場では除外される事も多い、参進の儀が行われるのが神社挙式ならではのスタイルになります。いわゆる入場ですが、神主や巫女に先導され、さらに親族一同を引き連れて神前へと進みます。神社は基本的に貸切にしないため一般の参拝客も境内に居るので、新郎新婦のお披露目的な要素もあります。雅楽の生演奏がつく事もあり、挙式への気分を高めてくれます。神社挙式では参列者も儀式の参加者という位置づけになるので、私語はもちろん途中退席やカメラでの撮影なども厳禁です。また神主に合わせて参拝したり、親族固めの盃をいただくなど、参列者にも作法が求められる場面が登場するのも特徴的です。日本らしさが式全体ににじみ出た、和風の結婚式の極みともいえる挙式スタイルです。

おすすめ記事一覧

新郎新婦

参列者の服装のマナー

神社挙式の参列者の服装は、フォーマルであれば洋装でも和装でもOKで、さらにお寺では忌避される革製品の着用も基本的には問題ありません。ただ露出度の高い服や派手すぎる服装はマナー違反です。また手荷物は儀式の最中に邪魔になるので、少なめにしましょう。

詳しく見る

新郎新婦

幹事の負担を最小限に

結婚式の二次会や同窓会を取り仕切る幹事を依頼したり、引き受けたりすることが負担だと感じる人は多いです。そんな場合は幹事代行サービスに依頼するのがおすすめです。幹事の負担を最小限にでき、当日全員が楽しめて感動できる二次会や同窓会が開催できるからです。

詳しく見る

ビデオカメラ

参列者に感謝と感動を

結婚式や二次会で新郎新婦の生い立ちを映像にしたプロフィールムービーを利用する人が多いです。人気の理由は、参列者により新郎新婦のことを知ってもらうことができることや感謝の気持ちを伝えられることです。思い出を共有することで、感動的な結婚式の演出ができます。

詳しく見る

Copyright© 2018 プロフィールムービーで感動する結婚式【非常に完成度が高い】 All Rights Reserved.